介護用品FAQ

介護用品に関するよくある質問

Q.介護用ベッドにはどのようなものがありますか?
Q.床ずれ予防の福祉用具にはどのようなものがありますか?
Q.排泄関連の福祉用具にはどのようなものがありますか?
Q.車椅子にはどのようなものがありますか?
Q.入浴関連の福祉用具にはどのようなものがありますか?
Q.住宅改造及びオーダーメイド福祉用具例

介護用ベッドにはどのようなものがありますか?

介護用ベッドは、モーターを使用することにより、背上げ・膝上げ・高さ調節を電動で行い、介護負担を軽減し、本人の自立を促すためのものです。操作は手元スイッチで行います。また、モーターの数により
1モーター(背上げ機能のみ)
2モーター(背上げ及び膝上げ、又は、背上げ及び高さ調節機能)
3モーター(背上げ及び膝上げ及び高さ調節機能)
と種類が分かれます。使用される方の身体状況に合わせてベッドを選びます。

床ずれ予防の福祉用具にはどのようなものがありますか?

床ずれは、長時間同じ部位に同じ圧力がかかることにより、体の突起部分に体重がかかり、皮膚が圧迫を受け、皮膚に壊死・潰瘍などが発生し起こります。
床ずれ予防には寝たきり状態を作らない事や、こまめに体位変換を行うこと、また、皮膚や寝具を清潔に保つ事はもちろんですが、除圧用具を使うとより効果的です。除圧用具としては、コンパクトなポンプから空気を送りだし、パッドに空気を入れ、パッド内の圧力を調節するものや、マットレスに高弾力性の素材を使い、除圧を行うものがあります。

排泄関連の福祉用具にはどのようなものがありますか?

自宅トイレを使用することに不安のある人には、ポータブルトイレがあります。ベッドの近くにポータブルトイレを置き、排便・排尿を行います。
ポータブルトイレには木製のイスのようなものや、洗浄機能のついたものなど、様々なものがあります。また、トイレからの立ち上がりに不安のある方には、電動式昇降便座があります。これは、便座とひじ掛けが昇降し、立ち上がりをサポートします。

車椅子にはどのようなものがありますか?

車椅子には、大きく分けて『自走型』と『介護型』の2種類があります。『自走型』とは、後輪が大きいタイプで自分で操作できるものです。『介護型』とは、後輪が小さいタイプで介護者に押してもらうものです。また最近は、自走型の車椅子に電動ユニットを取り付けて、電動車椅子にできる『簡易型』の車椅子もあります。

入浴関連の福祉用具にはどのようなものがありますか?

立ち上がりに不安のある方には、シャワーチェアがあります。座ったまま体を洗うことが可能です。キャスターを付け、移動が楽に出来るタイプもあります。浴槽内に移動するための用具として、バスボードや手すりがあります。

住宅改造及びオーダーメイド福祉用具例

【例1】シャワーユニット

【例1】シャワーユニット

浴室を持たない住宅にシャワー室を設置しました。 居間に設置したため、排水設備や給湯設備を含めて工事しました。

【例2】イレクターシャワーキャリー

【例2】イレクターシャワーキャリー

ヤザキ化工製のイレクターパイプを使用し、シャワーキャリーを作りました。浴室や体型に合わせて、オーダーメイドで作製しました。

【例3】トイレ及び手洗台

【例3】トイレ及び手洗台

一人でトイレに行けるように、ベッド横にトイレ及び手洗台を設置しました。また、ベッドとトイレの隙間にお尻が落ちるため、移乗台を作製しました。

【例4】トイレ移乗台

【例4】トイレ移乗台

トイレ移乗を助けるため、木製移乗台を作製しました。これにより、車椅子からの移乗が楽になりました。

【例5】便器向きを変更する

改造前

改造後

【例5】便器向きを変更する

トイレ内のスペースが狭く、介護が困難なため、便器の向きを正面に向けました。(スペース確保のため)

【例6】入浴台と浴槽台

【例6】入浴台と浴槽台

完全埋め込み式の浴槽に、イレクターパイプでオーダーメイドの入浴台と浴槽台を作製し、入浴が可能になりました。

トイレ用補高台工事前

トイレ用補高台工事後

【例7】トイレ用補高台

トイレが低く立ち上がりに不自由していたため、便器下に木製の置台を作製し、高さを上げました。タンク位置や排水ホースの延長等の工事も含みます。