HOME小規模多機能型居宅介護 > 小規模多機能型居宅介護事業

小規模多機能型居宅介護事業

小規模多機能型居宅介護事業とは・・・

平成18年4月から始まった地域密着型サービスです。

 当サービスでは、「通い」を中心に、ご利用者様の生活スタイルや希望に応じて「訪問」や「泊まり」を組み合わせてご利用頂けます。そのため、介護が必要な状態になっても、住み慣れたご自宅や地域での生活を続けて頂くことができます。

 ご利用者様のこれまでの人生を尊重し「その人らしさ」を大切にした関わりを持ち、「通い」「訪問」「泊まり」の全てのサービスを24時間・365日切れ目なく顔なじみのスタッフがご提供致します。その為、認知症の方にも安心してご利用頂けます。

 また、介護保険の在宅系サービスでは初めて、月単位での包括報酬が採用されています。一方で、包括報酬であるがゆえに、事業者の裁量によって利用者の生活が左右されやすいという一面もあり、今まで以上に、事業者の質が問われるサービスとなっています。

従来のサービス:デイサービス、ショートステイ、訪問介護
従来はデイサービス(通い)ショートステイ(泊まり)等、サービスごとに事業所が別々でしたが・・・

小規模多機能型居宅介護事業:通い、泊まり、訪問
1つの事業所で3つのサービスが利用出来るようになります!

通い
ご利用は日中の時間帯で、固定した時間にとらわれず、ご本人の状況やご家族の都合に合わせて利用できます。
泊まり
「通い」と同じ場所を利用し、「通い」と同じスタッフが対応致します。
訪問
ご自宅で過ごしているときも「通い」や「泊り」と同じスタッフが訪問致します。ご本人やご家族のその日の状況・状態に合わせ、提供するサービスを柔軟に変化させます。
電話での安否確認も行います。

小規模多機能型居宅介護のメリット

  • 土日祝日もご利用出来ます
    • 一年中毎日、無休で営業します。必要に応じ夜間の「訪問」にも対応できます。
    • 「通い」の送迎時間は、ご利用者様に合わせて対応できます。
    • 家庭的な雰囲気の施設で、なじみのスタッフが対応します。
    • 事業所に登録した少人数での利用の為、利用者同士が顔なじみになれます。
  • ケアマネージャーがいます
    • ケアはーねす出雲 には、専属のケアマネージャーがいます。専属のケアマネージャーがご利用者様のケアプランを作成している為、サービスの変更等、柔軟な対応ができます。
  • ご利用者様の気持ちに寄り添います
    • 少人数の為、一人一人のご利用者様に向き合う事ができます。
    • 本人の願いや希望を伺い、実現させる方法を職員で考えます。
    • 柔軟にサービスの形を変化させます。
  • ご利用者様が地域で暮らせるよう支援します
    • 住み慣れた地域で、ご本人の役割や地域住民との関係を維持・継続できるよう、家族・地域・医療福祉・行政との関係調整(ケアマネジメント)を行います。

もっと詳しく知りたい方は、『豆知識』をご覧ください。